ゲーム、パソコン部門

CF-SX3 ブルースクリーンにならない為のSSD換装とOSアップグレードまとめ 

この記事は、『CF-SX3』の

・記憶媒体がHDDであり、
・『Windows8』ダウングレード権からの
『Windows7 32bit』がインストールされていて、
・SSD換装を考えている。

方に対する記事です。

私は何も考えずWindows7 32bitのままSSD換装し、後で64bit環境に変更しようとして大変でした。

レッツノート CF-SX3 HDD→SSD換装後に困ったこと。 一度CF-SX3でSSDに換装してしまうと、後で『Windows7 64bit』をインストールできませんでした。 この記事...

Windows7のサポートが終了する事で、パソコンの買い替えを促す宣伝が多いように思います。(サポート終了は2020年1月14日です。)

しかし、CF-SX3はお使いのまま、SSD換装し『Windows10 64bit』にしてしまうのが最も良い選択肢です。

『CF-SX3』はSSDに換装してやれば現役で使えます。

参考までに、私の『CF-SX3』Windows10 64bitの起動はパスワード入力画面まで10秒かかりません。
スリープからの再起動ではありません。シャットダウンからの起動です。

『CF-SX3』の速度が遅いのは、『HDD』を使っていたからであって、『古い』からではなかったようです。

また、SSD換装、Windows10 64bitにアップグレードするにあたり、必要になったもの、買い換えたものは以下のものです。

SSD換装に必要なもの

・換装するSSD ¥10,778
『Crucial CT500MX500SSD1/JP』

・ノートパソコンと換装するSSDを繋ぐケーブル ¥950
『UNITCOM UNI-AD-SATA25U2/N』

・工具(精密ドライバー プラスの0番のみでも良いです) ¥1,980
『アイネックス 特殊精密工具 32点セット TL-015』

※私が実際に購入したものと、当時の金額です。
購入は、2018年10月28日『パソコン工房』実店舗にて

意外にもインターネット通販との金額差はほとんどありません。
購入後のサポートや送料を考えると、実店舗での購入が良いでしょう。

また、64bit化にあたり、新たにメモリを4GB増設しました。
エクセルなどの事務作業のみの使い方なら増設しなくても大丈夫です。

64bit OSにする時買い足したもの

・メモリ DDR3L-1600 SDRAM(S.O.DIMM) ¥3,421
PC3-12800(DDR3L-1600) 4GB×1枚 (無期限保証)

メモリに関しての詳しい事はコチラをどうぞ。

レッツノート CF-SX3は『DDR3L-1600 SDRAM』のメモリが増設可。CF-SX3のメモリを増設したいと考えられている方は多いと思います。 結論を伝えると、 『DDR3L-1600 SDRAM』...

SSD換装にまつわるトラブル『ブルースクリーン』

HDDからSSDに換装する時に一番困るのが、ブルースクリーンになってどうしようもなくなる事です。

この原因は、該当する『Intel RST』がインストールされていない事が原因です。
『SSD』本体が原因ではありません。

『Intel RST』って何?って方はコチラをご覧ください。

CF-SX3 SSD換装後ブルースクリーンの原因は、対応する『Intel RST』がインストールされていないから。 ※Intel RSTとは?(インテル R:ラピッド S:ストレージ T:テクノロジー) ↑公式サイトの説明文 CF-SX3で...

Windows7 32bitのままSSD換装をお考えの方は、コチラをご覧ください。

レッツノート CF-SX3 HDD→SSD換装方法換装にあたっての不安や疑問を解消し、つまずく事がないように最低限必要なフリーソフト、手順、道具をまとめました。...

将来的にWindows7 64bitにしようかと思っている方は先にコチラをご覧ください。

レッツノート CF-SX3 HDD→SSD換装後に困ったこと。 一度CF-SX3でSSDに換装してしまうと、後で『Windows7 64bit』をインストールできませんでした。 この記事...

オススメの流れ。まずはHDDのままWindows7 32bit→64bitへ。

本来ならWindows7 64bitリカバリディスクを作成してリカバリしたいのですが、私のパソコンではリカバリディスク作成の選択画面にWindows7 64bitの選択肢はありませんでした。

あったのは、『Windows7 32bit+Windows8 64bit』の組み合わせのみ。

ですので、HDDリカバリ領域のデータを使って64bit化させます。

リカバリ作業になるので、64bit化に伴いデータは消えるのでバックアップをお願いします。
また、後からインストールしたソフトが64bit OSに対応しているか否かの確認をしておいてください。

まだリカバリディスクを作っていない方はコチラをご覧ください。

レッツノート CF-SX3 システム修復ディスク、リカバリディスク作成方法 DVDブート方法もリカバリとは、初期化する。工場出荷状態に戻す事です。 買った時の状態に戻す。と言えばいいのかもしれません。 最近のパソコンは基本...

次にWindows7 64bitのインストール方法はコチラをご覧ください。

レッツノート CF-SX3でWindows7 64bitをインストールする方法
BIOS画面から行います。
CF-SX3は、HDD上のデータを使ってWindows7 64bitをインストールします。 リカバリディスクの作成方法はこ...

64bitインストール後にSSD換装します。

Windows7 64bitの状態でSSD換装する為にダウンロード&インストールが必要なソフトを列挙します。

そのソフトが必要な理由など、詳しく確認したい方はコチラをご覧ください。

レッツノート CF-SX3 HDD→SSD換装後に困ったこと。 一度CF-SX3でSSDに換装してしまうと、後で『Windows7 64bit』をインストールできませんでした。 この記事...
要ダウンロードソフト 4つのみ。

この順番でダウンロード&インストールが一番効率がよかったです。
※すべて無料です。

・『Microsoft .NET Framework 4.6.1』
次工程の『Intel RST』ドライバのインストールに必要です。

・『Intel RST Ver.14.8.16.1063』
SSD換装後、ブルースクリーンにならない為に必要です。
ダウンロードファイルは『setuprst.exe』

・『EaseUS Todo Backup Free』ダウンロード&インストール
HDDの中身をSSDにクローン化させるソフトです。

・『MiniTool Partition Wizard』ダウンロード&インストール
クローン後のSSDのパーティションを変更(拡大)させるソフトです。

次に『Windows8 64bit』リカバリディスクを使い、Windows8 64bitにします。

この工程は、DVDブートから行います。詳しくはコチラをどうぞ。

レッツノート CF-SX3でWindows8 64bitをインストールする方法
DVDブートで行います。
CF-SX3をWindows8にアップグレードする為には、まずリカバリディスクの作成が必要です。 リカバリディスクの作成については...

『Windows8 64bit』にリカバリする場合は、SSDのままでもブルースクリーンになる事はありませんでした。

つまり『Intel RST』ドライバは必要ありませんでした。

Windows8 64bitインストール後はひたすらアップデート。

これに非常に時間がかかります。1日作業です。HDDならさらに時間がかかると思います。

ただ、SSD換装しWindows8 64bitにリカバリ出来たのなら、後は特別な作業はなく、延々アップデートしていくのみになります。

なんでWindows8 64bitにする必要があるの?

コチラの情報を参考になさってください。見出しの『9番目』のもの。

流れだけ書いておきます。

Windows8→10導入流れ

・Windows8 64bitセキュリティアップデート類ダウンロード&インストール
数としては100を超えるセキュリティアップデートがあります。

・Windows8.1 64bitダウンロード&インストール

・Windows8.1 64bitセキュリティアップデート類ダウンロード&インストール
こちらも100を超えるセキュリティアップデートがあります。

・Windows10 64bitインストーラ作成
USBメモリでのインストールもありましたが、isoファイルを作り、DVDを作りました。

・Windows10 64bitをDVDブートでインストール

・Windows10 64bitセキュリティアップデート類ダウンロード&インストール

完了

これで、また数年間は現役で『CF-SX3』を使っていただけると思います。