ゲーム、パソコン部門

レッツノート CF-SX3でWindows8 64bitをインストールする方法
DVDブートで行います。

CF-SX3をWindows8にアップグレードする為には、まずリカバリディスクの作成が必要です。

リカバリディスクの作成についてはコチラをどうぞ。

レッツノート CF-SX3 システム修復ディスク、リカバリディスク作成方法 DVDブート方法もリカバリとは、初期化する。工場出荷状態に戻す事です。 買った時の状態に戻す。と言えばいいのかもしれません。 最近のパソコンは基本...
バックアップは各自で行なっておいてください。

作成ができれば、次はDVDブートができる準備を整えます。
『BIOS』の設定で2箇所変更、確認を行います。

CF-SX3は購入時の設定だとDVDブートできない。BIOSの設定変更でDVDブート可能に。BIOSの立ち上げ方 CF-SX3を起動後、『Panasonic』ロゴが表示されている間に、『F2』キーを押す。...

Windows8にアップグレードする場合、

・インストールディスクを先にいれておいた上で、(効率がいいから)
・『BIOS』の設定を変え(DVDブートできるようにして)
『設定を保存して再起動』した後、
もう一度BIOS画面を立ち上げて『UEFI』を有効にします。

UEFIとは?

セキュリティ強化されたBIOSのアップグレードプログラムみたいなもの。
今のOSはほとんどUEFI有効状態なら起動するようになっている。
この為、Windows8以降のインストールにはUEFIを有効にしないとDVDブートしない。
Unified Extensible Firmware Interface
ユニファイド・エクステンシブル・ファームウェア・インタフェースの略。

UEFI有効後、DVDディスクを認識していればBIOS画面の『デバイスを指定して起動』のところで選択できるようになっているはずです。

こちらを選択した途端、パソコンは即再起動し、Windows8のインストールが始まります。

私は『Windows7 64bit』をインストールしたSSDのまま『Windows8 64bit』をインストールしましたが、ブルースクリーンになる事はありませんでした。

中のデータは全て消えましたが。

バックアップは各自で行なっておいてください。

『Windows 8 64bit』での工場出荷状態のCF-SX3になるようです。
リカバリディスクですから当然といえば当然ですが。。。

つまり、Panasonicのアプリはインストールされています。

この記事は以上です。