ゲーム、パソコン部門

回線速度を表す『Mbps』について。
『Mbps』の『b』と
『MB/s』の『B』は単位が違うようです。

『〜Mbps』とは、1秒あたりに送られるデータ量の単位の事です。『Mbps』→メガビット毎秒

いきなりですが、光インターネットは遅い。と思っていませんか?

最高で毎秒1GBのデータ転送速度の光インターネットに契約したけど、いざインターネットでダウンロードすると、数MBしか速度が出ない。

最高で1GBなんだからそりゃあ当然といえば当然だけど、あまりにも速度が遅すぎるような。

1GB=1000MB(※)でしょ?
なのにファイルのダウンロード速度は速くても1〜2MB/秒。

遅すぎないの?

って、実際には私が思っていました。

※1GB=1024MBですが、ここでは便宜上1GB=1000MBとしてお伝えします。

調べた結果、同じアルファベットの『b』でも

文字の『b』である『Mbps』と
文字の『B』である『MB/s』では

単位が違っていたようです。

・『Mbps』は、メガビット毎秒 (読み)メガ ビット パー セカンド
・『MB/s』は、メガバイト毎秒 (読み)メガ バイト パー セカンド
・『1バイト』は『8ビット』です。

基本インターネットからファイルなどをダウンロードするときに表示される速度は、『MB/s』(メガバイト毎秒)です。

つまり、インターネットの回線速度(例えば1Gbps)の数字から8を割らなければ、ファイルをダウンロードする時の速度と同じ単位になりません。

ということは、最高『1Gbps』速度の光インターネットでも、ダウンロードの表示で出せる理論上の最速値は『0.125GB/秒』です。

MBに直すと、光インターネットでも『125MB/秒』が最速です。

それでも実際の速度とはかなり差がありますよね。
皆さんが『遅い』と言う理由がここのことを言ってるのならごめんなさい。

ちなみに、回線速度などの速さを表す場合

・『Mbps』
・『Gbps』の

基本『ビット』単位で、

ダウンロード時などの容量を表す場合

・『MB/秒』
・『MB/s』という

『バイト』単位でした。

よかったら参考にしてください。

この記事は以上です。